無料で楽しめるコタキナバル

マレーシアの物価は日本の半分ぐらいです。それでも楽しんでるときに、出費がかさむもの。下記の事はお金がかからなくても楽しめます。
1.タンジュンアルビーチ
a0132757_14354133.jpg
コタキナバル市内から車で約10分の所にあるビーチは、休みの日の夕方ともなると、夕陽目当ての地元の若者でにぎわう観光スポット。ビーチ脇にはフルーツジュースやマレー料理を食べることができます。

出費:無料。タクシー RM20、グラブ ~RM8




2.市場

コタキナバル市内の海辺にいくつの市場も並んでいます。一番早い動いてるのが、SAFMAの魚市場。築地市場みたいの所です。この市場の前にセントラルマーケットの中央市場。この市場は朝の6時から夕方の6時までやっています。お土産を買いたいなら、ハンディクラフトマーケットがあります。そして、夕方から、活気があるフィリピノマーケットが始まれます。

出費: 無料。市内のどこでも歩いて行けます。


3.ぺルダナパークの噴水ショー

ペルダナ公園では夜になると音楽に合わせて動き、ライトアップされた噴水ショーが行われます。コタキナバルの子たちのデートスポットです。

出費:無料。タクシー RM20、グラブ ~RM8

コタキナバルの夜を楽しめるツアー


4.シグナルヒル展望台
a0132757_14344651.png
コタキナバルで一番高い丘にある展望台。コタキナバル市内を一望できる観光スポットで、海に浮かぶトゥンク・アブドゥールラーマン海洋公園や、遠くステラハーバーリゾートまで見渡すことができます。サバ州観光局の裏の大通りを渡り、ホテルガーデンの横の階段から遊歩道が続いています。散歩がてらに歩くのもよいでしょう。

出費: 無料


5.ガヤストリート
a0132757_14344800.png
毎週日曜日、早朝から開かれるサンデーマーケットは、コタキナバルの名物。ガヤストリートは、サンデーマーケットのために通行止めとなり、全長約250m程の道路に屋台が所狭しと並んでいます。日曜日以外にも、この通りに美味しいものが沢山あって、食べ歩きおすすめ!

出費: 無料


6.サバ州立モスク
a0132757_14351101.png
コタキナバルに3つの大きいモスクがあります。現在は、このモスクだけ無料で観光できます。黄金の州立モスクは、65mの高さの光塔と、16ものドームに取り囲まれています。

出費: 無料。モスクの中の見物ときのマント RM5.タクシー RM15、 グラブ ~RM5


7.プリンス・フィリップ公園でバードウォッチング
a0132757_14352902.png
タンジュンアルビーチの隣にある、プリンスフィリップパークでは、野鳥の観察が可能です。オウムやサンバード、カワセミなど、バードウォッチャーに人気の鳥が生息しています。耳を澄ますと、聞こえてくる大きな鳴き声は、大きな口ばしが特徴の、体長60cmほどもあるサイチョウです。サイチョウも数種類生息しているので、朝の食事の時間帯はバードウォッチングもお薦めです。

出費:無料。タクシー RM20、グラブ ~RM8


8.ブキットパダンを登る

コタキナバルの一番大きい公園。市内から車で約15分。地元の人はキナバル山を登る前に、ここでトレーニングします。頂上まではやく15分。でもかなりターフです。上からの景色はコタキナバルの海にも見えます。

出費:無料。タクシー RM40、グラブ ~RM13



[PR]
by borneo2 | 2018-10-21 14:43 | 観光 | Comments(0)

ボルネオ島・コタキナバルの観光情報、自然、食べ物など。たまに役に立たないことも。


by borneo2