キナバル公園とポーリン温泉に出会える生き物

世界遺産キナバル公園は植物豊富です。ラフレシア、ウツボカズラ、珍しい欄などの植物はよく見られます。
しかし野生動物と昆虫は大きさが小さいし、カモフラージュしてるから、出会える機会はもっと少ないです。

野鳥
a0132757_11541630.jpg
キナバル公園に326種類の野鳥が生息しています。
アイイロヒタキ(上の写真)、ガビチョウ、ハナドリ、などはキナバル公園のリワグレストランの周辺によく見られます。




りす
a0132757_11544638.jpga0132757_11543763.jpg
キナバル公園に20種類のりすが生息しています。ボルネオコビトリスはキナバル公園とポーリン温泉にも見ることができます。ミケリス(黒いりす)はポーリン温泉によく見られます。

下記のりすもたまに見られます。

キナバル公園:ボルネオワキスジリス、チビオスンダリス、ボルネオヤマスンダリス

ポーリン温泉:バナナリス、クリームオオリス




とかげ
a0132757_11540935.jpg
a0132757_11550295.jpg

アガマとかげはキナバル公園とポーリン温泉にも見られます。でもカモフラージュしてるから、見つけるが難しいです。

ヨツジマトカゲはポーリン温泉で見られます。

他はトビトカゲ、スキンク、などもいます。







昆虫
a0132757_11550859.jpg
サンヨウベニボタルはキナバル公園の森林によく見かけます。
a0132757_11545487.jpg
ビワハゴロモはキナバル公園とポーリン温泉にも生息しています。この種類はポーリン温泉によく見かけます。
a0132757_11542410.jpg
ネッタイタマヤスデ(ダンゴムシに似てる)はポーリン温泉にたまに見られます。

カブトムシ、クワガタムシ、カミキリムシ、キリギリスなどの昆虫もいます。


キナバル公園にマレーグマ、オランウータン、ウンピョウ、などの大きい動物も生息していますが、出会える可能性は0です。





[PR]
by borneo2 | 2018-05-27 12:46 | 自然 | Comments(0)

ボルネオ島・コタキナバルの観光情報、自然、食べ物など。たまに役に立たないことも。


by borneo2