「ほっ」と。キャンペーン

タグ:キナバル公園 ( 8 ) タグの人気記事

 

この植物はラフレシアより臭い

a0132757_1541448.jpg
世界最大の花ラフレシアは大きさとトイレの匂いするのが有名です。でも実はラフレシアの匂いは数時間しかないし、思ったほども臭くないです。強烈のものが好きの私にとってはちょっと残念です、でもこの間、ラフレシアより臭いものを発見!

もっと読む
[PR]

by borneo2 | 2016-06-05 15:46 | ワイルドだぜぇ~ | Comments(0)  

何これ?!サンヨウベニボタル

a0132757_10421922.jpg

世界遺産のキナバル自然公園本部の清清しい高原森でトレッキングするのが大好きです。暑くないから、長く歩いてもつかれません。たまに、変わった虫も見つけるから、さらに嬉しいです。

変わった虫の中で一番好きのがサンヨウベニボタル。キナバル公園のトレールや植物園の中にたまに見かけます。

ベニボタルという口中は蛍に似ていますが、蛍ではありません。下記の写真はベニボタルの一種です。
a0132757_1194588.jpg


雄のサンヨウベニボタルは上の写真に似てるような昆虫ですけど(実は雄を見たことない)、雌は幼虫のままの姿です。名前の由来は姿が化石の三葉虫に似ているから。
a0132757_11142839.jpg
(fossilsantiques.blogspot.com)
映画のエイリアンにも似てない?
a0132757_11174644.jpg
a0132757_11191790.jpg
可愛いでしょう?だから、大好き!

枯れた木の汁液を飲むから、こういう所によく見かけます。動きはゆっくりです。
https://youtu.be/l9quDrcDEgQ
頭はとても小さい。
a0132757_11245147.jpg


一番驚くのが、頭部が光ります。まっくらの場所しか光を見れるけど。
http://www.youtube.com/watch?v=7OkfH05V97k

サンヨウベニボタルは可愛いと思う人もいる、グロテスクと思う人もいる。でも見たいね。

キナバル公園とポーリン温泉オプショナルツアー
[PR]

by borneo2 | 2015-07-24 11:29 | ワイルドだぜぇ~ | Comments(0)  

ボルネオ島のBIG 4植物

動物と比べていまいち植物に魅力を感じる事が出来なかった私ですが、ボルネオ島に来たら、びっくりしました。下記の植物は見る価値があると思います。

1.RAFFLESIA ラフレシア
a0132757_11354769.jpg

一生のうちにたったの5日間しか咲かない世界最大の花。
どこで見れる? ポーリン温泉とタンブナン・ラフレシア・センター


NEPENTHES RAJAH (ウツボカズラ種)
a0132757_113658.jpg

ねずみも入れる世界最大のウツボカズラ。
どこで見れる? メシラウ (Mesilau)


ROTHSCHILD'S SLIPPER ORCHID (スリッパ蘭の一種)
a0132757_11362396.jpg

キナバルの金とも呼ばれるマレーシアの最も高い値段の花。
どこで見れる? キナバル公園


PODOCHILUS (蘭)
a0132757_11364370.jpg

巨大のものだけではなく、ボルネオ島に世界最小の蘭の一つ種類もあります。
どこで見れる? キナバル公園


キナバル公園とポーリン温泉に行きたい!
http://borneo2leaf.com/tour1.html
[PR]

by borneo2 | 2014-11-20 11:29 | Comments(0)  

山ガールのジャングル体験

a0132757_1153238.jpg
ジャングルを体験しませんか?せっかくボルネオ島に来たから、ジャングルに行きましょう!

初めてジャングルに行くから、どきどきしますね。
でも山ガールのアドバイスを聞いたら、初心者でも安心できます。

蚊とヒルに刺されたくない...

なんとなく、ジャングルは虫とヒルが多いのイメージがありますね。
でも虫がいないジャングルもあります。
キナバル公園とポーリン温泉のジャングルはあまり蚊とヒルがいません。
ヒルに出会ったら、ラッキーです。キナバル公園は1500mの標高にありますから、蚊があまりいません。
ダヌムバレーやタビンのジャングルはヒルが多いです。
しかし、ヒルは毒を持ってませんから、刺されても大丈夫です。
心配だったら、虫除けをつけて、ヒルソックスを穿いてくださいね。


どんな服装?

歩きやすい、軽い服がいいです。キナバル公園で半袖と半ズボンはOKです。
ヒルがいるジャングルは長ズボンがおすすめです。
でも半ズボンのほうがヒルを気付きやすいと言う人もいます。
履物は滑らないサンダルやトレッキング靴。行く所によります。


持ち物は?

懐中電灯、ライター、携帯電話、ナイフ。。。本番のジャングルに行くなら、こいうもの。。。
でもガイドさんが連れて行くから、水、レインコットと虫除けで大丈夫です。
荷物が重いだと、疲れます。


さて、心の準備もうできましたか?ジャングルに行きましょう!


下記の所でジャングルトレッキングができます。
キナバル国立公園
ダヌムバレー
タビンワイルドライフセンター
タンブナン・ラフレシア・センター
ガヤ島
[PR]

by borneo2 | 2014-04-15 12:14 | Comments(0)  

静かに自然を楽しめる。。。

せっかくボルネオ島に来るなら、静かに自然を楽しめたいね。下記の所でできます!

1. ガラマ川の夜クルーズ
a0132757_11058.jpg

夜のジャングルの声に耳を傾け、日常生活ではもはや存在しないほどの静けさを堪能。。。
http://borneo2leaf.com/tour2.html

2. ペニンバワン村のマングローブ林
a0132757_1121672.jpg

朝のマングローブ林は、穏やかな鳥のさえずりを聞くことできます。村の小さいボートでマングローブ林の狭い川を通り抜けます。
http://borneo2leaf.com/tour4.html


3. キナバル公園の穴場トレール
a0132757_1152716.jpg

穴場トレールで苔に覆われた森を歩いて大自然に浸ります。
http://borneo2leaf.com/tour1.html
[PR]

by borneo2 | 2013-07-05 11:12 | Comments(0)  

葉っぱが歩いてる。。。

a0132757_10375346.jpg

何これ?葉っぱが歩いてる!!!

初めてコノハムシを発見した人はきっとそうと思ってましたね。

12月3日にキナバル公園の植物園の入り口で上のコノハムシを見ました。
葉っぱにそっくりですから、コノハムシはなかなか見つけられません。でもこの間たまたま見やすい所にいました。

インドからフィジまで分布して、コノハムシは物真似の天才です。葉っぱの形と色だけではなくて、虫に食べられた所、少し枯れた部分まで真似します。動くときも風に吹かれたみたいにゆれて動きます。物真似が上手すぎるから、コノハムシは仲間を葉っぱと間違えて、噛んでしまいます!

a0132757_10491047.jpg

私が見たのが雄のコノハムシです。飛んでたから。雌は飛べません。雌はもっと大きくて、後ろ部分がもっと丸いですから、葉っぱにそっくり似てます。

キナバル公園とポーリン温泉オプショナルツアー
http://borneo2leaf.com/tour1.html

もっとコノハムシの事を知りたい?
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/5992524.html
[PR]

by borneo2 | 2012-12-14 10:55 | Comments(2)  

蛙が鳴いてる

おととい、キナバル公園の植物園で雨に降られた。花についてを説明中とき、蛙の大きい鳴き声を聞こえた。探したら、この蛙を見つけた。
a0132757_1114586.jpg

蛙の専門じゃないので、種類は確認できない。多分ミツヅノコノハガエル。耳と鼻が尖って、3本の角があるように見える。熱帯雨林の地面にじっとすると枯れ葉に似てて、見つけにくい。

そして、鳴くとき、すごい!ガムみたいにのどが膨らませた。
a0132757_116452.jpg

こんなことを見たのが初めて。残念にムービーを撮るのしっぱいした。

近くにもう1匹の蛙も鳴いてた。会話してただね。
地元人の話によるとこの蛙が鳴くと雨が降る。
[PR]

by borneo2 | 2012-03-14 11:11 | Comments(0)  

美しい菌類、キヌガサタケ


この美しいものはキナバル公園の本部でトレッキングするとき見つけました。
英名は「Veiled Lady」です。ベールを被ってる女性と言う意味です。
日本名は「キヌガサタケ」。絹の傘 - 良い名前ね。
ラフレシアみたいに死んだ動物の臭いすると書いてあるけど、見たときは臭わなかった。

食べれなさそうだけど、昔、キヌガサタケは中国で高級料理でした。1キロの乾燥したきのこはUS$770(77000円)もあする!でも今は中国で栽培してるので、値段が下がりました。

次の日また同じ所行ったときこの状態になりました。やっぱりなかなか見れないものですね。

[PR]

by borneo2 | 2010-01-05 00:57 | Comments(0)