食べる好き

コタキナバルの一番美味しい(肉骨茶)バクテーレストラン

a0132757_1045432.png
肉骨茶(バクテー)とは、数種類のハーブで豚肉を煮込んだ料理で、重労働をしていた人たちの栄養補給の一つとして愛されてきた薬膳料理です。食べてみると薬のような味はせず、あっさりしたスープとコクのある豚肉の味が、人々を病みつきにさせています。

マレー語が話せないから、注文するとき困る日本人はバクテーレストランで問題はありません。バクテーレストランでだいたいバクテー料理しか売ってないから、店に入れば、食べれます。後はホルモンが要るかどうかだけ。これはジェスチャーで解決できます。お腹を指して、「no」を言えば、大丈夫!

ガヤストリートの肉骨茶レストラン

中国人の観光客が多いですから、最近ガヤ通りのバクテーレストランが増えました。でも古くて、有名なレストランは3つがあります。




1. Yu Kee Bak Kut Teh ユウキバクテー【佑記肉骨茶】
a0132757_1052163.png

ガヤ通りの北側にある老舗のジェッセルトンホテルの向かいにある、コタキナバルの一番有名と人気肉骨茶専門店で、いつもお客さんがあふれているお店。行くなら早い時間が空いていて狙い目です。

ユウキバクテーの特徴は材料が別々の小皿に入れて出します。初めて肉骨茶を食べる人にとっては分かりやすいですが、クレイポット(土鍋)を使ってないから、スープがすぐ冷やします。バクテーのスープは冷やしたら、ただの薬の味ですから、早く食べないと、まずい。
a0132757_1054755.png


2. Sin Kee Bak Kut Teh シンキバクテー【新記肉骨茶】
a0132757_1061075.png

ガヤストリートの1本海沿いの道「ジャラン パンタイ」にあるOCBC銀行の向かいにあります。(Ang's Hotelの隣)

スープは少しハーブ味が強いのが特徴です。土鍋で提供されるのでアツアツの肉骨茶をいただくことができます。
豚肉も美味しいですが、肉骨茶の醍醐味はスープ。揚げパン(ユーチャークイ)をスープに浸して食べるのも美味しいです。中国野菜のカイランのガーリック炒めも人気のメニューです。
a0132757_1063438.png

バクテーの味に慣れてる人(香港の観光客)はYu Keeよりもこの店の方が好みです。


3. Kam Kee Bak Kut Teh カムキバクテー【金記肉骨茶】
a0132757_107353.png

3件のBak Kut Teh店の名前も「記」があるですが、それは偶然です。

ガヤストリートの中央部にあります。金明茶室の一角に店舗が入っています。
金記肉骨茶の特徴は、オリジナル・ハーブ・ブラックペッパーの3種類のスープから選べることです。ブラックペッパーの肉骨茶はコタキナバルでは食べられませんので、ピリ辛が好きは方にはおすすめです。レタスのガーリック炒めも人気のメニューです。

インターネットの口コミを見たら、褒めると嫌われてる人もいます。
a0132757_1072445.png


4. Man Li Hiong Bak Kut Teh マンリヒオンバクテー【萬里香肉骨茶】
a0132757_1075492.png

コタキナバルの郊外の住宅地、Damai、にあります。私が一番おすすめバクテーレストランです!
アツアツのクレイポット(土鍋)で提供されます。
しっかりとした味付けなのに、さっぱりとした後味。各部位の肉もさる事ながらスープが美味しいです。スープが少なくなると継ぎ足してくれるサービスもうれしいですね。
肉骨茶以外のクレイポット料理もおいしく、マッシュルームチキンや、豚肉の黒酢煮込みは人気。
ビールも3缶で12リンギットからと安い!
お客さんもほぼローカル。いつも席が埋まっています。

コタキナバルのスペシャルナイトツアーときにガイドに教えれば、この店に連れて行きます。
a0132757_1081346.png



コタキナバル オプショナルツアー
ガヤストリートの食べ歩きツアー
地元の穴場レストランに行きたい
[PR]
by borneo2 | 2016-07-06 10:13 | 食べる好き | Comments(0)

ボルネオ島の自然、文化と観光名所の情報。たまに役に立たないことも。


by borneo2