君の名は。。

ボルネオ島のBIG 4植物

動物と比べていまいち植物に魅力を感じる事が出来なかった私が、ボルネオ島に来たら、びっくりしました。
巨大やカラフルな植物から蟻より小さい花まで、ボルネオ島の植物の素晴らしさに感動されました。
世界遺産キナバル自然公園には特に植物豊富な所です。キナバル公園に5000以上の植物が生息しています。
その中で、下記の4つが見るべきです。


1.RAFFLESIA ラフレシア
a0132757_11354769.jpg

ラフレシアは世界最大の花。一番大きいラフレシアは1mの直系もあります。大きさだけじゃなく、強烈の匂いも有名です。
ラフレシアは寄生植物なので、植物が普通にある部分 ー 枝、葉っぱ、根 - はありません。あるのが花だけ。
その花はつぼみから開花まで約9カ月かけます。開花すると約5日間で枯れてしまうので、なかなか見られない貴重の植物です。

どこで見られますか? ポーリン温泉の近所とラフレシア・センター







NEPENTHES RAJAH (ウツボカズラ種)
a0132757_113658.jpg
ウツボカズラは食虫植物です。キナバル公園に11種類のウツボカズラがあります。
世界一番大きいのがキナバル山とタンブユコン山の固有種、Nepenthes rajah.
虫を取る袋は30cmの高さ、18cmの直系、2リットルの液体も含めます。ねずみ、鳥、蛙も入れますね。

どこで見られますか? キナバル山、キナバル公園本部の植物園


ROTHSCHILD'S SLIPPER ORCHID (スリッパ蘭の一種)
a0132757_11362396.jpg
一番大きいや一番美しいでもないですが、この欄はボルネオ島の一番値段が高いです。
ボルネオ島に12種類のスリッパ欄があります。でも1種だけが50万円で売られます。
野生の花はキナバル山にしか見られません。

どこで見られますか? キナバル公園の植物園


PODOCHILUS MICROPHYLLUS
a0132757_11364370.jpg
ボルネオ島の最も小さい花はPodochilus microphyllusという欄です。3mmぐらいの大きさです。キナバル公園本部の森林に沢山ありますけど、ガイドさんが教えないときっと見つけられません。Podochilusは他の木に着生しています。

どこで見られますか? キナバル公園本部の森とキナバル植物園






[PR]
by borneo2 | 2017-06-21 11:12 | 君の名は。。 | Comments(0)

ボルネオ島の自然、文化と観光名所の情報。たまに役に立たないことも。


by borneo2